Practice Workout !!

本日、通常練習を行いました。

先日の県リーグで対戦した伊勢茶さんやTAJIMIさんは、誰がどのポディションをやっても比較的バレーになります。

リベロのない時代を経験したり、ブロックの様々なシステムのスキルをつける時期に経験してきたりと、ある意味バレーIQが高いプレーヤーが多いように思います。

よって、様々な状況下でも主導的にディフェンスやオフェンスに関わったり、相手を見ては工夫したりと、

誰もが「やるべきことはちゃんとやる」といった印象を受けます。

我がチームも以前はそれらを強みとしてきました。

現在のチームは、ある種、現代的な強みみたいなものはありますが、他チームから見習いたい部分も多くあります。

そんな意味もあり、今日は普段やらないポディションをやるなどしてゲーム形式での練習をしました。

不思議といつもより自発的にコミュケーションを図る姿が見られたり、それぞれが工夫したりと盛り上がりました。そして、徐々に質も上がってきました。

ルールの変革と共に、指導現場も選手達も専門職みたいになってきました。

それが悪いとかではないしですし、上手な子も今はたくさんいると思います。

しかし、クラブで末長く楽しみながらも強さを追求してやるためには皆が色々できるような技術や思考は大切のように思います。

愛知はその点で優位なチームも多いようにも感じます。

WBCの韓国戦で、通常は一塁を守っていた内川選手が、瞬時の判断でレフト線のヒットを逆シングルの捕球をし、素早い送球でセカンドに走る韓国のランナーを刺しました。

あれはまさに外野手ではない内野手の動きが生んだビッグプレーでした。
あれがなければ負けていたかもしれません。

こうしたい。
という思いを強く持っていけば、基本と言われる概念を覆えす、新たな形も見いだせるかもしれません。

あれは、阻止したい!という内川選手が求めた形である意味最善の基本だったのかもしれません。

こんなようなことも色んなポディションを必死にやったら感じられるかもしれませんね。

どこかマンネリ化してくるチームも飽きがくるので、様々なアプローチをしながらシンプルで美しいバレーボールが皆でできればと思います。

また、来週頑張りましょう。

追伸、

#20長屋が大学院試に合格しました。
やりおります。
彼には学を高めて是非とも教育を変えて欲しいと思っています。

では!GO!AJISAI!

【代表】田口

1476570384498a